テーマ:我が青春のバイク旅

我が青春のバイク旅 No.9 <奥三河ツーリング>

TAKが家庭の都合で宇部に帰ることとなり 東京でのバンド活動が終焉を迎えることとなった。 そして個人的には、実家に帰る前に限定解除をし、 日本一周バイク旅を決行する決意をした。 そのため旅向きの一台を選び買い替えることにしたのだ。 幸いTAKがGSXを引き取ってくれることとなった。 1987年2月8日(日)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.8     <秋の群馬ツーリング>

毎年恒例となった秋のツーリング、 1986年は走行距離を短めにして旅費を浮かせ その分今までよりちょっとリッチな宿に泊まろうという 作戦に出た。目標は初の群馬県だ。 1986年10月3日(金) R17を北上中、熊谷手前でTAKとはぐれてしまった。 携帯など無いこの時代、連絡しようがないので 榛名山の周辺を走…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.7     <雪辱信州ツーリング>

1986年、上京してかれこれ8年が経とうとしていた。 この年新たに1台のバイクが我がバイク歴に加わった。 SUZUKI SX200R 当時スズキから発売されていたデュアルパーパスモデル。 お世話になっていたスズキスポーツ練馬で中古で購入した。 あの頃は、天気が良いと日帰りで奥武蔵グリーンロード、 奥多摩、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.6 <信州ツーリング>

1985年の夏は前回振り返った伊豆ツーリングだったが 秋には信州へと旅立った。もちろん相棒はSR-TAKだ。 10月4日(金)、早朝の4時に出発。関越に乗り 花園ICで高速を降り国道254号に入る。 10月の早朝の高速走行で体が冷え切ってしまった。 下仁田辺りのコイン・ドライブインで休憩し暖を取る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.5 <伊豆半島ツーリング>

泊まりがけツーリングは時候のいい秋に 行うのが常だったが、初の真夏のツーリング ということで相棒TAKと伊豆半島へ旅立った。 1985年7月26日(金)、 早朝4時に出発して東名高速で厚木まで走り、 小田原厚木道路で箱根に向かった。 旧東海道沿いの<甘酒茶屋>でひと休み。 まだ営業前で誰もいない茶屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.4     <日本列島縦断ツーリング No-2>

1984年10月20日(土) 早朝、目をを覚まして窓の外にこのような 景色を見ることが出来るのも旅ならでは。 前日が嘘のような好天に恵まれた。 前日見た海と同じとは思えない。 輪島まで続くR249はなかなかの快走路だった。 輪島郊外にて。海に向かって建古い町並み。 秋の空は本当に高かった。 能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 No.3     <日本列島縦断ツーリング No-1>

1984年3度目のツーリングは、 前回の日光ツーリングの約1ヶ月後、 日本列島縦断の旅として決行された。 1984年10月18日(木) 午前3時に都内を抜け出し関越に乗り、 本庄児玉ICで高速を下り、R17で高崎へ向かう。 途中TAKがSRの工具をばらまきながら走る、 といった事件もあったが、くじけず軽井沢を目指した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 NO.2     < 船旅帰郷と出雲ツーリング>

我が青春のバイク旅 NO.1 で紹介した日光ツーリングの 半年前に実は岡田との初ロングツーリングを敢行したことをすっかり忘れていた。 1984年3月28日(水)、 兄の結婚式があるのでアルバイトをしばし休み、 岡田とバイクによる帰省ツーリングの旅に出た。 記憶が確かなら、この旅が岡田との最初のロングツーリングのはずだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春のバイク旅 NO.1        <日光ツーリング>

22年前の我が生涯における最大規模の バイク放浪旅については、すでに2年前に このブログで紹介している。 http://thepeacemakers.at.webry.info/theme/c78f5d492a.html 前にも書いたが、私がバイクに乗り始めたのは 都会における機動力のある足の必要性からだった。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more