TAUL'S CORRAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 古を訪ねて <信州上田編・その壱>

<<   作成日時 : 2013/03/11 18:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2013年3月9日(土)、春霞の信州を訪れた。

春霞と言えば聞こえはいいが、その事態は

花粉と黄砂とPM2.5かと思うと雰囲気が台無しになってしまう。


実に久しぶりとなる今回の旅は、

歴史好き(特に真田一族)の友人との道行きゆえ、

目的地は必然的に真田の郷・上田と決まった。

隈無く信州を旅してきた自分も何故か上田は

今だ訪れたことがなかった好奇の地だったので

自ずと食指がのび、前日からネットで

色々と下調べまでしての旅となった。


朝7時半過ぎに中津川市役所の駐車場に集合して
相方のMAZDA MPVに乗り込んで中津川インターから
中央高速に乗り、一路北上する。
画像

我が愛車のAXELAと同じMAZDA車ながら
燃費は少し悪くなるが断然MPVの方が快適性は遙か上だ。
画像


中央道〜長野道〜上信越道と快調に走り、10時には
上田菅平インターから無事下りることが出来た。
まず最初に訪れたのは上田の東北に位置する
真田町にある<ゆきむら夢工房>。
画像

画像


相方はここで家族への土産(真田GOODS)を物色し
のっけから大枚を叩いていた。
駐車場からどうも城跡らしき山影を確認できた。
画像

地図で確認したらこれから訪れる予定の<真田氏本城跡>だった。

次に訪れたのは、<真田氏歴史館>と<真田氏館跡>。
画像

画像

画像

画像

入館料200円を払ってほとんど人気のない館内を見学する。
真田氏家宝の武具や調度品が展示されていて予想以上の
内容にしばし時間を忘れて大いに愉しむことが出来た。

続いて隣接する<真田氏館跡>へ。
画像

画像

画像

真田氏が上田城に移る前まで居住していた館跡で、
今現在は御屋敷公園として整備されていた。
草木がまだ枯れているこの時期に訪れるのは
少し寂しいかもしれない。

次は<真田氏本城跡>を訪れた。
地図で見たら平地のように思えていたが
実際訪れてみると真田の郷は上田市街を見下ろす
緩やかな勾配の丘陵地であることが分かり興味深かった。
画像

画像

画像

画像

城の後部、堀切方面から緩やかに登っていくと
高さ2mほどの土塁に行きたる。そこを登ると
本郭、二の郭、三の郭を見下ろすことが出来た。
画像

画像

画像

両脇と突端は急峻な崖で丘陵の狭い突端部に
つくられた戦国期の山城の縄張りを堪能できた。

左手に真田郷、右手には菅平方面が眺望できる
素晴らしいローケーションの地でもあった。
画像

画像


本城跡を下ると昼前となったので
名前に引かれて入った<そば処佐助>で昼食を取る。
画像

画像

約350年前の北信濃の民家を移築した
古い店内で自家栽培の蕎麦粉で打った
おろし蕎麦(800円也)を食す。
小登山をしたばかりだったので冷たい蕎麦が美味しかった。

上田市内に下るを途中、信玄の<砥石崩れ>で有名な
<砥石・米山城>を目の前に眺めることが出来た。
画像


上田市内に入りまず訪れたのは、
池波正太郎 真田太平記館
画像

画像

画像

池波正太郎あるいは「真田太平記」ファンには
堪えられない展示内容だ。相方もその一人。
時間を忘れて堪能していた。

<真田太平記館>のすぐ目の前にある
洋菓子店<エトワール>で
お土産として<アロンディール>を購入する。
ついでに目に付いた「サクサクシュー」を店内でいただく。
画像

画像

画像

画像

サクサクとしたシュー生地の食感と、
長門牧場産濃厚牛乳によるカスタードクリームの
ねっとり感の調和を重視したシュークリーム。
クリームは甘すぎず上品な味わいだった。
サクサク感は1時間程で消えるそうなので
出来てから30分以内が食べ頃だそうだ。


<その弐>に続く・・・・



















真田太平記(三)上田攻め
新潮社
池波正太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真田太平記(三)上田攻め の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古を訪ねて <信州上田編・その壱> TAUL'S CORRAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる