TAUL'S CORRAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010GW 北信紀行 その壱

<<   作成日時 : 2010/05/01 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が会社の2010年のGWは、久しぶりに
4月29日から5月5日の7日間という長期なものになった。

幸い30日が平日ということで29日〜30日ならば
道、観光地ともまだ混み混みではないだろうと予測して
会社の友人マーシーとそのお母さんと叔母さんの4人で
春まだ浅き北信へと旅立ったのだ。

29日(木)の7時半に恵那ICから中央道に乗る。
天気はあいにくの大雨。それでも北へ向かう道は
結構混雑していた。

途中、駒ヶ岳PAで小休止。長野道に入って更埴JCから
上越道に入り小布施ハイウェイオアシスで2度目の休憩を
して11時に豊田飯山ICで高速を下りる。
予報通り雨は上がってくれた。

画像


県道96号を斑尾方面に上っていくと、昨年暮れの
クリスマスに通過した時には無かった気になるお店を
発見した。

<お山のぱん屋 とぅりまかし>
長野県中野市永江6080-1
Tel&Fax:0269-38-3732
営業時間:11:00〜ぱんが終わるまで
店休:月・火・水

画像

今年の1月にオープンしたばかりの山道脇の民家の
蔵を改造した本当に小さな店舗で、開店間際だったが
車が出たり入ったりで結構人気のお店らしい。

画像

<とぅりまかし>とはこの地方の方言かと思ったが
聞くとインドネシア語で<ありがとう>という意味らしい。

画像

素朴な若いご夫婦が一生懸命焼いた<ぱん>。
マーシーのお母さんは数種類のパンを購入した。
我々の前のお客さんがクロワッサンをあるだけ買ってしまい
残った1個をどうにかゲットして食べてみた。
通常のクロワッサンより油分が少なめで
外はカリッとしていて香ばしく、噛みしめると甘味が
口中に広がる逸品だった。

ぱん屋さんをしばらく上ると湧井だ。
ここら辺に来た時は、必ずと言っていいほど
毎回訪れる美味しい蕎麦ポイントなのだ。
道沿いに蕎麦屋さんが2軒ほどあるのだが
地元の人は狭い脇道に入った所にある
<湧井蕎麦センター>の暖簾をくぐる。
なぜならここの蕎麦は<美味い><大量><安い>
と三拍子揃っているからだ。

画像


11時半開店だがもう4台ほど車が停まっていた。
祝日と言うことで早めに開店していたようだ。
早速、蕎麦3人前と天ぷら大を注文する。
ここの蕎麦の量を熟知している者ならではの技だ。

画像

画像

この盛りを見て欲しい。これで3人前だ。
天ぷらも十分すぎる量だ。
夜のことを考えてあえて4人で3人前にしたのだが
それでも腹一杯状態となる。これで何と会計2100円也。
1人525円でこんな美味しい蕎麦をたっぷり堪能できる
お店はここしかないと断言出来る。


さて、腹一杯になったところで峠を野尻湖へと下る。
県道96号を北上し野尻湖畔を走る。まだ木々の葉が
全然無い冬木の状態なので湖面がじっくり鑑賞できた。

画像


県道を外れ、そのまま湖畔沿いの細い道を走ると
松が崎という半島に隠れるように存在するホテルがある。

<野尻湖ホテル・エルボスコ>

画像


旧野尻湖プリンスホテル、設計はかの清家清だ。

画像

画像


駐車場に凄い車が停まっていた。
何と Audi R8 ではないか。
V8 420ps 1700万はする。
このような車が平然と停まっているのを見て
我々平民は入っちゃいけないのではないか、と
エントランス前で躊躇していたら中からホテルマンが
出てきて、ご丁寧にも中に招き入れてくれた。

画像

画像

画像

画像


ホテル内は外観からの想像以上に素晴らしいものだった。
シェフ Yoshi Kojima のランチも魅力的だったが
そこは蕎麦を食べてきたばかり。ラウンジで<スイーツセット>を。

画像

画像

画像

画像

本日のスイーツは<ロールケーキwith完熟イチゴソース>
キメの細かいスポンジに完熟イチゴのソースをたっぷり
絡ませて口に運び、ビターな珈琲をひとくち。
あー、至福のひととき。
画像

画像

画像

目の前に広がる野尻湖を眺めながらまだ来ぬ春を
夢想し、贅沢なひとときをしばし愉しんだ。
画像

画像


ラウンジを出てまだ冬の装いの中庭を散策した。

画像

画像

画像

よく見ると足もとに春を告げるふきのとうがたくさん呆けていた。

画像

画像

ここは、最愛の異性と訪れる場所だと実感した。
よし、次こそは・・・・・・・・・・・・。


<野尻湖ホテル・エルボスコ>を後にして
野尻湖入口から国道18号に入り、信越大橋を渡って
池の平にある<いもり池>を訪れた。

画像

画像

予報では昼から晴れるはずだったが、妙高山は雲の中。
吹き下ろす風は真冬のように冷たかった。
数年前のGWに訪れた時は、新緑と残雪の妙高、
湖畔の桜といったこの世の極楽のような景色が楽しめたのに。
聞けば今年は2週間は春が遅れているとのこと。

画像

今では珍しい存在となってしまったネコヤナギ。

画像

しかし、開き始めた水芭蕉だけが旅人の心を慰めてくれた。

画像


ここまで来ると今日の宿泊地<アスティくろひめ>は間近だ。
しかしその前に訪れねばならない場所があった。

画像

黒姫高原の上り口にあるソフトクリーム屋さん
<ブルーベリー園まつき>だ。

画像

ここのブルーベリー・ソフトは絶品。
これまたここに来ると必ず食す定番なのだ。

画像

<牛乳ソフト>も美味しいよ。

さて夕食までは、食べるのを制限すると誓っていた
にもかかわらず、今回もあれやこれや食べて3時半に
黒姫高原<アスティくろひめ>にチェックインした。

早速疲れた体を展望風呂の湯舟にどっぷり浸ける。
あいにくの天気で黒姫、妙高山は雲の中だったが
高原の温泉に我が身を委ねリフレッシュすることが出来た。
しばし部屋で休み、6時半からお待ちかねの夕食タイム開始。

画像

画像

今回初登場の<抹茶豚しゃぶ>。これは美味かった。
画像

画像

出ました。今回も我が友・隆ちゃんのご厚意で
<舟盛り>
(天然鯛、甘エビ、イカ、タコ、鮭、マグロ、ホタテ)&
<フルーツ盛合せ>
(パパイヤ、メロン、ブドウ、リンゴ、完熟パイン、ゴールデンキウイ、イチゴ)

画像


やはり毎回懲りているにもかかわらず昼間の食べ過ぎのせいで
腹が割れんばかりの地獄のご馳走責め状態と化してしまった。

消化不良の夜は更けていった・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・その弐につづく・・・・・・・・・・・



Camera : Sony a350 & DSC-H1
Photo by Taul Osakada






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010GW 北信紀行 その壱 TAUL'S CORRAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる